鳥と大根の鍋
正月休みの続きで、成人の日の連休である。我が家の小さい居候もまだ我が家にいる事が多い。食事の話をしているとチャーハンが食べたいと言い出しました。連休特に予定のない私がチャーハンを作ってあげることになりました。夕食にチャーハンだけでは淋しいので、以前時々作ったことのある「けんたろう(料理研究家)の鳥と大根の鍋」を思いだし、久し振りに作ってみようと思い立ちました・・
しまってあったレシピを探しだし、午後には小さな居候と買い物に行きました。
暮れに買い置いた大根を確認、ニンニク、ショウガ、豆腐、肝心な鶏肉を買いそろえ久し振りの男の料理です。
先ずはチャーハンの下ごしらえ、チャーシュー、ザーサイ、ネギをみじん入りにしてボウルに取りそろえ、次は鍋の準備です。鳥のもも肉の皮を剥ぎ、脂肪を取り除きます。鳥は食べやすい大きさにカットし、ボウルに入れておきます。鳥の皮とネギの青い部分でふつふつと煮出してだし汁を作ります。
ニンニク・ショウガのみじん切りを土鍋でごま油で香りが出るまで炒め、その中に鶏肉をいれ、色が変わったところに先ほどのだし汁を入れ、ふつふつと煮ていきます。
その間に中華鍋に溶き卵を入れ、具材とご飯を入れて炒めていきます。味付けは中華だしのもと、鶏肉の出しなどで味を調え、最後に刻んだネギを入れ醤油を回し掛けてチャハーハンのできあがり・・
鍋のほうはというと、ある程度火の通ったところで奴に切った豆腐を入れ、醤油、塩で味を調えます。最後にいりごま、粗みじんに切ったネギを入れ、七味唐辛子を振り掛けてできあがりです。
久し振りの調理ではありましたがなんとか出来上がり・・美味しく頂く事が出来ました。
たまの休みの男の調理も気分転換にうってつけでありました・・
また、何か作ってみたいと思います。

IMG_2078.jpeg
IMG_2080.jpeg
IMG_2083.jpeg
IMG_2085.jpeg