AI診断
最近AIという言葉をよく耳にする。Artificial Intelligenceの略で人工知能ともいわれている。ヒトが実現する色々な近くや知性を人工的に再現するものなのだそうです。多くのデータからあるものを抜き出したりする事などに使われることが多いようです。例えば我々がインターネットで検索したデータを分析して、どういったものを検索しているかによってそのヒトの嗜好を判断し、嗜好に合ったものを提示するなどもAIを使って効率よく宣伝するというようなどでしょう。
医療器械の分野にも最近広がってきております。私の仕事の一部である内視鏡検査では大腸のポリープを画像からAIが判断しポリープを発見する補助をしてくれる事もしてくれます。これも、最近よくテレビでみる様になったヒトの顔認識判断を応用した技術だそうです。
早速に当院も導入してみました。気が早いですね・・・自分の目が頼りなくなったという訳ではないのですが。私の所では複数の医師が内視鏡検査に携わっておりますので、誰が内視鏡検査をしてもポリープを発見することが出来るように、ポリープ発見率の標準化をと考えました。使用効果はまぁ上出来という所でしょう。親と思うところでピコピコと音が鳴り、ポリープらしきものを教えてくれ、確実な場合は音の鳴り方が変わるようになっています。器械とはいえなかなか可愛いものですね。
これからもっと色々なもので医療の分野にも進出してくるのでしょう。
WISE_VISION_ファクトシート_JP_0114 (3).pdf