大学の同期からのメーリングリストから得た情報です
分かり易いのでご参考にして下さい

COVID-19 (新型ウイルス) の情報と予防
ウイルスは生物ではありません。タンパク質の遺伝子(DNA)です。それが、油脂(油)の層に 包まれています。眼球や口の中の粘膜に付着すると、細胞に侵入し、遺伝子情報をウイルスの ものに書き換えます。 その細胞が増殖することで、ウイルスは急激に増えます。
ウイルスは生物ではないので死にません。しかし、タンパク質の分子なので、破壊することができます。破壊方法は、温度と湿度、それとウイルスが付着している素材によります。
ウイルスは薄い油脂に覆われただけの非常に壊れやすい物質です。 石鹸や消毒液で壊すことができます。石鹸の泡が脂質を切り裂きます。(だから、たっぷりの 石鹸で20秒以上こすり 洗いをする必要があるのです) 油脂の層を溶かすことで、タンパク質分子は分解し壊れます。
熱も油脂を溶かします。25℃以上の温水で手や服などを洗うと、なお、良いです。温水は石鹸をよりよく泡立てます。
アルコール溶液は 65%以上のもであれば、ウイルスの油脂を溶かします。
漂白剤もタンパク質を内側から直接破壊します。
過酸化水素水は石鹸やアルコールや塩素ほどの効果はありません。 過酸化水素水はウイルスのタンパク質を破壊しますが、肌を痛めます。
殺菌剤は効果がありません! ウイルスはバクテリアのような生物ではないので、
抗生物質で殺すようなことはできません。
着た服やシートを絶対にふらない。(ウイルスが飛び散る)
多孔質な表面に付着したウイルスは3時間、 銅や木材 ~3 時間ダンボール ~24 時間、 プラスチック 72 時間 活性しています。
羽毛等のハタキで舞い上がったウイルスは空中伝達物資として、3時間活性し続けます。
ウイルスは屋外の低温の場所、冷房の効いた、家屋や車の室内、 湿気、暗いところで、活性状態が続きますので、環境を暖かくし、 乾燥させ、明るくすることが効果的です。
紫外線の照射も、ウイルスの付着が疑われるマスクなどに効果があります。が、紫外線は皮膚の脂肪を溶かし、発がん性もあります。 ウイルスは健康な皮膚を通過することはできません。
酢は役に立ちません。(油脂を溶かす事ができないからです。)
ウオッカなどの蒸留酒は効きません。(40%しかない。65%必要。)
リステリンは効きます。(65%のアルコールだから。)
狭い処程、ウイルスは集中しますので、窓を開け、自然換気が大切です。
繰り返して申し上げますが、分泌液や粘膜、食品、鍵、ドアノブ、スイッチ、リモコン、携帯電話、腕時計、机、テレビ、等 触る 前にも後にも手を洗います。お風呂に入る前にも後にも手を洗い ます。! 手をよ~く洗ってから、適度に乾燥させ、肌のしわに隠れているかもしれないので、保湿クリームをぬると、なお良いでしょう。 また、爪は短く切ります。(ウイルスが潜めないように)

この情報が役立つことを願っています。 尚、本対処法は米国ジョンズ・ホプキンズ大学がまとめたものです。
▼Web Site:http://www.lsnet.jp/index.html ▼