時々銀座に出かけることがある。若者の多い渋谷・原宿・新宿などの人混みは苦手である。そこヘいくと銀座は大人の町である。人混みといっても肩が触れるほどでもなくゆったりとした人の流れがあり、一本裏の道に入れば人混みは殆ど気にならない。そんな銀座を歩いていたら風鈴売りに出会った・・。懐かしい光景である。もちろん私が子供のころは金魚売りや風鈴売りなど時々目にしたことがある。
IMG_1089.jpg子供が珍しそうに眺めていた。きっと知らないのかもしれない・・
風鈴の音は人によっては風情のある涼しい音に聞こえる場合もあるし、場合によっては雑音としか聞こえない人もいるようで、西洋人はとくにそうらしいのだが、雑音としか聞こえないようだ。「縁台」や「うちわ」、「あさがお」、「蚊取り線香」といった夏を連想させられるものを身近にすることが無くなってきた。
銀座の裏通りで見た一寸うれしい風景でした。