DVC00145.JPG
この十年程朝の散歩は欠かせない。5時に起き静かな時間を読書や勉強(?)で1時間程のんびりと過ごし、6時過ぎ頃からぶらりと散歩にでる。コースはいろいろ、我が家近くの駒沢公園・碑文谷公園・柿の木坂・八雲・サレジオ教会などなど・・・住宅街の家並みを眺めながら、時にi-podで音楽聞きながら、語学のMDを聴きながらなどである。碑文谷公園近くを歩いているといつも「おはようございます」と挨拶をされる。その人は家の周りを1ブロック程の範囲でお掃除をしている。近隣の方とは親しそうに話しているが私は全く知らない方である。挨拶をされるとこちらも「おはようございます」と答える。最近挨拶が出来ない人、若者が増えていると思う。「そうだそうだ」とうなずかれる方も多いことだと思うが私の周りでも、どうして簡単な挨拶が出来ないのだろうと思うこと屡々・・。おじさんは説教好き・・というわけではありません。自らもぼーっと歩いているとついつい下を向いたり、考え事をしながら周りが目に入らなくなることがあります。ふと気づくと犬の散歩をしている患者さんに挨拶されたりとうっかり挨拶し損なってしまうこともあります。
朝の挨拶は気持ちよくできるとその日一日何となく明るく過ごすことが出来ます。気が重かったり、疲れていたりで気分が乗らないときでもせめて挨拶だけはきちんとするようにしたいものですね。